FC2ブログ

腐植前駆物質「土菌ちゃん」

畑用に作った土菌ちゃんを使いやすいように20リッターに小分けしました。
KIMG0121a.jpg

KIMG0122a.jpg
昨年作ったものもまだあるんですけど、今年からはドンドン使っていくつもりです。
1000リッター作って200リッター残してます。
それはこれから作る稲作用に使います。
もちろんリードアップも使います。

使いきれないかもしれないほど作っていますが
これが結構使いたいという人も出てくるので売っちゃいます(笑)
(20リッター4000円)送料別途

使い方としては薄くして何度も使うというのがコツらしいです。
基本的に1000m2に10リッター
薄く使うというのはたとえば1000m2に5リッターづつ2回撒くとかいう事です。
多く使うのも問題ないし、薄く使うのも問題なし。

昨年の稲作苗を見守っていた時のことです。
雨が降った後に苗の葉に枯れの斑点が出てきました。
何かの病害を雨が持ってきたものと思われます。

農薬は使えないので(使いたくない!)昨年の土菌ちゃんを15倍希釈で数回撒きました。

それでその症状は納まり、何もなかったように田植えしたんです。
腐植前駆物質は抗菌作用を持つ事も確認できました。
それから清水自然米をやってもらっている近所の田では
稲の葉に青虫みたいなのが発生し、葉を食い荒らす様子が見られました。
状況を報告されて、同じ土菌ちゃんを2リッターほど渡し撒いてもらいました。
すると数日後治まったと報告があり現場を見に行くと
何もなかったように育っていました。
しかも収量も慣行と大差ないという事も確認できて
腐敗実験でも問題ない。
収穫したものを食べてみて美味い。
これらを自分自身で確認出来てきましたから
積極的に使う方向に向かっているんです。

関わって3年過ぎて、なんとなく付き合い方が解ってきた気がします。

こうしなければいけないという決まりはなく
土の状態に何かを感じたら使って見る。
作物の状態に不満があれば使って見る。
それで観察しているといい感じになるような・・・・

肥料とか農薬みたいに劇的な変化が見えないから良く観察しないといけない。
だけど何かしら変わってくるというものです。
環境の違いで反応が違うような気がしてます。

自然界の流れを考えながら土がどうなっていくのか考えるのが楽しいんですよね。
土壌生成理論は凄い。腐植前駆物質リードアップは凄い。
http://sizensaibai.com/ca/

コメントの投稿

非公開コメント

新世界カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR