FC2ブログ

第6回九州自然栽培研究会講演会(宗像)

福岡の宗像市で4月14日にセミナーをやります。
主催はタッキーベジガーデンの滝口氏

**************************************************************
第6回九州自然栽培研究会講演会(宗像)
食と健康・環境を考える、永続可能なチャレンジ自然農(自然土壌生成農法)

概要
熊本・菊池にて自然農法による農業生産活動、九州自然栽培研究会を立ち上げ全国を駆け回って啓蒙活動をしている、元田裕次氏に自然栽培の取り組みを自然学、土壌生成論をまじえてお話いただきます。今回の特別講演では、山本徳氏・アグロ資源研究所、ヨコオ畜産部顧問にて活躍。有機農業のすすめ、永遠なる生命の源・土と、微生物を考えるをテーマで講演。

講 師: 元田農園代表 元田裕次  特別講演:山本 徳(樹木医・有機栽培指導)      
    日時:2013年4月14日(日曜)      午前10:00~午後3:30          
場所:宗像ユリックス   福岡県宗像市久原400番地
定員:50名         (先着順で定員に達し次第締め切り)    
参加費:3000円      オーガニック昼食付(宗像魚・タッキーお野菜・石松園無農薬米)

申込先:タッキーベジガーデン 滝口  090-7294-6853・FAX0940-72-5139 


主催 自然農 タッキーベジガーデン
滝口秀明 tel.fax0940-72-5139 MAIL battio@ric.hi-ho.ne.jp
      携帯MAIL takiee1vege@docomo.ne.jp 
*************************************************************

私は土壌生成理論の基本的な話と腐植前駆物質リードアップの話をさせていただこうと思います。
腐植前駆物質
それは地球環境における浄化に関わるものであります。
これが土と微生物と有機物の関わりを結びつけるものの正体。
どこにでも存在するがそれによりあらゆるものの浄化がなされていることに
人は気が付いていなかっただけです。

生物の環境を守り、清浄な状態に持って行ってくれている、なくてはならないもの
生物の基本的な部分を支えるものであったのです。

それをみごとに形にしたものが腐植前駆物質水溶液「リードアップ」なのです。

コメントの投稿

非公開コメント

新世界カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR