FC2ブログ

ベトナム3~4日目

6日~7日
ホーチミン市からダラットに移動
地図で見ると近くに感じるのだが実際は遠い。
移動は飛行機です。
ほぼ移動で一日費やしたような感じです。
市場に行きどんなものがあるかを視察
何でもあるなって感じだが、荒っぽいというか野性を浮かべる光景。
p1010114P1010114a.jpg

p1010122P1010122a.jpg
朝からも出かけてみました。
p1010124P1010124a.jpg

p1010127P1010127a.jpg

p1010128P1010128a.jpg
米の種類もたくさん
p1010130P1010130a.jpg

p1010131P1010131a.jpg
イチゴはかなり多かったが試食してみて美味くない。
p1010134P1010134a.jpg
p1010133P1010133a.jpg
香草の何か・・・赤土で貧弱な土
p1010136P1010136a.jpg
p1010140P1010140a.jpg
イチゴ農家を訪ねてみた。
p1010141P1010141a.jpg
ハウスというか日よけみたいな・・・
肥料は使っていなくて、堆肥を畝に入れているだけという。
農薬は高くて使っていないと言っていたが、ほぼ虫食いは無い。
本当なのか?と疑いたくなる光景。
苗をどう育てているのかわからないが、品種はばらついているようだった。
ここはわざわざ買いに来る人がいるという農家で、作業場に綺麗なワゴン車があったのでかなり裕福な家庭だろう。この状況と説明から土を考察してみたが、注目は日差し、温度につきる。
p1010142P1010142a.jpg
露地のところを訪問
株間には肥料なのか農薬なのか、赤い粒々が撒かれていた。
大袈裟ではないが虫食いも見られる。

ダラットは避暑地
年中18~23度くらいの過ごしやすい環境だそうだ。
位置的に日差しは強いのだが高原であるために気温はあまり上がらない。
日よけハウスがたくさん並んでいた。
これは土の作り方を持ち込めばとんでもなく素晴らしい生産物を輩出できるところ。
見たところ肥料と農薬による生産方法が占めているようだ。
何ともったいない。
しかし、国が有機農業を進めるようになりそうなので
チャレンジの技術があれば本当に素晴らしい産地に変化するだろうと感じた。

市場は食材だけでなく日用品高級品土産品など何でもそろう。
驚いたのは見ているだけなのに買わせようとする売り子さんたちの根性
食い下がる事と引くことの感覚が上手い。
押せば買うかもしれないというところを知っている。
日本人価格があるらしく、激しいダンピングについその気になりそうになる。
それでダメだったら
「なんでやねん!」と捨て台詞

ここで大阪弁とは(笑)
この日は3回もなんでやねん!と言われて大爆笑してしまいました。





コメントの投稿

非公開コメント

新世界カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR