スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー有機

フェイスブックで農業に関わる人の集まりがある。そのOFF会が宮崎であった。
ただの集まりのハズが勉強会になり意見交換の場になる。
ネット上での交流から実際にあって話す機会があると有益な情報を得られるので参加。

有機農業の先端の話を聞きたくていそいそと出かけて行った。
いやいやここまで来ているのか?というほどの技術がそこにあった。

農業の世界はその目標に応じた生産方法が乱立するが
追求していくと絞られてしまう。

必要な量を供給する
安全な物を供給する
供給現場の維持

上げて行くといろいろ出てくるのだが
これをすべて満足できるようになればいいようである。

考えてみれば私自身は安全な物に特化しているだけで
必要な量を供給するにはどうしたらいいのか?
現場の維持にかかる経費をどうするのか?という問題を持っている。
一つの目標を追いかけるのも大変なのに全て満足させるというのはなかなか難しい。

人の思いもあるし、どこを狙うのか?などと考える時間はかなりある。
いずれにせよかなり勉強しなくてはならない。

有機農業の先端は今までの有機農業とは違う次元、「スーパー有機」とでも言いたい気がする。
それを指導するのは小祝氏。
科学と化学が破綻なく存在し、安全な物を大量生産できるのではないかと思う。
自然栽培系では成し得ない技術がそこに存在する。
今回はチャレンジで向かう方向に小祝氏が賛同していただき
スーパー有機と組み合わせての楽しい話になった。
同じく賛同いただけた十和田石の広瀬氏も加えて
リードアップに評価を頂いた。
KIMG0222a.jpg

この二人の仕事ぶりは凄まじいと言ったがいいくらいと感じている。
知識の深さについていけない(笑)

リードアップの開発者の高味氏にあった時に感じた
自然栽培の偏った思想的な感覚からの脱出に似たものを思い出した。
目標がどこにあるのかを改めて考えざるを得ない。
感覚だけに頼らない裏付けを積み上げて農を考えよう。

コメントの投稿

非公開コメント

スーパー有機

素晴らしい、菊池の件も土曜日に一緒一行がタッキーベジガーデンでお魚、ナポリピザ食べておお盛り上がりでした。フルボ酸フミン酸でどんどん加速度的にシンクロしてますよ!タッキー
新世界カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。