FC2ブログ

モミガラくん炭

KIMG0252a.jpg
旭1号の籾すりで出てきたモミガラでくん炭を作っています。
来年の稲苗の苗土に利用しようと思っています。
自然栽培的考え方ではその圃場に外からのものを持ち込まないという話があるのですが
いろいろ考えてみてそれがどこまででラインを引くのかはグレーに見えてます。
これはもともと田から出てきたものだからそれを加工して返すという考え方。
これにより苗土の重さから解放されるかもしれない。
苗を運ぶのが重労働なのでその軽減になるのです。
土とくん炭の割合は半々くらいかな。
今年くん炭100%でも苗自体は出来る事を確認しているので
あとは扱いの問題になってくる。
100%では田植え機で上手くいかなかったので土と混ぜる事により上手く活かせる。
くん炭1リッター170グラム
赤土1リッター 970グラム
その差800グラム
苗箱には種まき前に3リッター使う
これを50%ずつの容積で考えると1455グラムと255グラムで1710グラム
土だけだと2910グラム
50%でも1.2kも軽くできる。この差は大きいな。
何百枚も扱うのを考えるとやる意義は大きい。

田の土だけでやるという考え方もあるのだけれど
それは田の土が養分を蓄えているからこそできる。
田の土の表土を使うと苗は大きくなりすぎるくらいになる。
それは表土に腐植が含まれるから出来る事で
それを理解している事が重要だと思っている。

うまいことくん炭が出来るようにとこのやり方
出来はまあまあかな。

スポンサーサイト



新世界カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR