FC2ブログ

畜産の糞尿処理

さて、そろそろ畜産に関わることも考えなくてはね。
日本の畜産の問題は糞尿の処理に集約されると思う。
それをどうしたらいいのか?
現在は堆肥と言う形で耕作地に戻す処理になっているのかな?

自然栽培で考えると、動物性の肥料を土に入れるというのは
そこで収穫されたものが腐敗しやすくなるという事で嫌っている。
ある意味有機栽培の否定

昔、木村秋則さんが、畜産業者の人から「畜産を殺すのか?」と強く非難された、と聞いたのを覚えている。
当時の私は処理する方法なんてわからなかったし、畜産の問題であって耕作農業は関係ないと考えていた。
堆肥についても植物性のものはいいとしても動物性由来のものは完全に否定していた。
つまり畜産とは相容れないと思っていたわけで、行政がいう耕畜連携などありえないという姿勢だった。
私の畑の近くに豚舎があるのだが、糞尿の処理には困っているようだ。臭いのを解っているみたいで、菌処理したりもしていると最近話してわかった。

自然栽培での問題から土に関することをずっと追いかけてきて
まさか畜産の糞尿処理に行きつくなんて思いもしなかったが
それが実際に出来てしまうとなると
さらには本当の意味での耕畜連携が出来てしまうとなると
自然栽培での狭い枠では何もできないのに気がつく。

現状での問題点を解決できるのは土であると理解できた時には
革命が起こると興奮した。

さらに追いかけると、畜産から出てくる糞尿がとんでもない素晴らしい資源に変化するのだから、
腰が抜けるのではないかと思うほどに驚愕した。
土壌生成理論の提唱をされた内水博士が、実際にそれをやっておられたのだ。

そういう場面に出会ってしまった以上はやらなくちゃ。
自分の残っている人生は農業の包括的な流れを作り出す事に賭けてみたい。

自然栽培での良いところは、安全なもの安心な物が生産されやすいということだ。
その良いところをもっと良くする事はあっても、悪くするのでは意味が無くなる。
包括的な流れに向けても良い生産物を生み出す事は当たり前だ。

畜産の糞尿を利用し、さらに自然栽培より良いものを生み出すという
ある意味とんでもない事に挑戦する事になった。
いや挑戦を私が決めた。

だから「チャレンジ」という。

チャレンジ自然栽培は現状から取り組みやすいから。
ここにはまだ畜産の枠が入っていない。

もっと進化するのが解っていたから大枠「チャレンジ」と呼ぶ事にしたのだが
現実は忙しくてあまりできなかった。
「チャレンジ」の動きをやり始める時期が今来たんだと思っている。
スポンサーサイト



新世界カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR